患者受け入れの十和田市立中央病院“見えない敵”と闘った53日間/感染管理の難しさ浮き彫り、マンパワー確保が重要

“見えない敵”と闘った53日間を振り返る丹野弘晃事業管理者=5月中旬、十和田市立中央病院
“見えない敵”と闘った53日間を振り返る丹野弘晃事業管理者=5月中旬、十和田市立中央病院
4月上旬、十和田市内の認知症グループホームに入居する高齢者や職員が新型コロナウイルスに感染し、5月末までに計14人の患者を受け入れた市立中央病院。医療従事者らは細心の注意を払いながら治療を進めたが、看護師への院内感染が発生し、一般診療の縮小.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら