【青森県内コロナ初確認3カ月】情報開示どこまで/行政対応を検証

青森県内1例目となる新型コロナウイルス感染者について記者会見する小林眞市長(左)=3月23日、八戸市庁
青森県内1例目となる新型コロナウイルス感染者について記者会見する小林眞市長(左)=3月23日、八戸市庁
青森県内1例目となる新型コロナウイルス感染者が八戸市で確認されてから、23日で3カ月を迎えた。当時、県や八戸市保健所の職員は、感染者の行動歴の確認や濃厚接触者の特定、PCR検査の検体搬送、病床確保など前例のない対応に追われた。一方、会見では.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら