天鐘(6月23日)

ある殿様の用人、三太夫の元に「国元にて御殿姉上様、御死去」の文が届いた。急ぎ殿に知らせると「いつ?」と問われ、改めて読み直すと「御殿」ではなく「御貴殿(、、)」だった▼立腹した殿は切腹を命ずる。覚悟を決めた三太夫は短刀を腹に押し込むが斬れな.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら