八戸工業大がフェースシールドを製作 300個を市民病院に寄贈

フェースシールドの製作に取り組む日影学工師(中央)と学生
フェースシールドの製作に取り組む日影学工師(中央)と学生
新型コロナウイルスの対応に追われる医療現場を支援しようと、八戸工業大が飛沫(ひまつ)などによる感染を防ぐフェースシールドを製作している。22日以降、数回に分けて八戸市立市民病院に計300個を寄贈する予定で、生徒や教員らは「医療従事者の力にな.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら