亡夫を思い、五戸サッカー協会に100万円寄付

鈴木裕之会長(右から2人目)に寄付金の目録を手渡す稲本博子さん(左から3人目)。中央の遺影が夫の忠さん
鈴木裕之会長(右から2人目)に寄付金の目録を手渡す稲本博子さん(左から3人目)。中央の遺影が夫の忠さん
サッカーがつないだ縁に感謝―。五戸町狐森北の稲本博子さん(69)が11日、五戸サッカー協会に100万円を寄付した。今年3月に亡くなった夫の忠さん=享年(73)=が、生前サッカーを楽しんでいたことから寄付を決めたといい、稲本さんは「夫はサッカ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら