子ども食堂、高校生の手で 工大二高生が開催目指して奮闘

ドライブスルー形式で訪れた希望者に食材を手渡す八戸工大二高の生徒=5月30日、八戸市
ドライブスルー形式で訪れた希望者に食材を手渡す八戸工大二高の生徒=5月30日、八戸市
地域に笑顔を届けたい―。八戸工大二高2年の生徒18人が、全国でも珍しい高校生による子ども食堂を開こうと奮闘している。新型コロナウイルスの影響で各地の子ども食堂が軒並み休止に追い込まれるなど逆風を受けながらも、専門家を招いての学習や福祉イベン.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら