木工作品作り続ける/小田さん(八戸)

木工作品を作り続ける小田要吉さん
木工作品を作り続ける小田要吉さん
八戸市売市4丁目の小田要吉さん(87)が、地蔵や招き猫、城などさまざまな木工作品を、およそ30年にわたって作り続けている。運送会社を定年退職後に独学で始め、木工の魅力に取りつかれた。創作意欲はまだまだ衰えず、きょうも木と向き合い、思いを巡ら.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら