ニホンジカ目撃350頭 過去最多

食害や生態系への影響が懸念されるニホンジカの青森県内での目撃頭数が2019年度は350頭(前年度比134頭増)を数え、過去最多となったことが12日、県のまとめで分かった。県南地方での目撃頭数が増加しており、県自然保護課は「繁殖力が高く、狩猟.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら