青森県信組、19年ぶり赤字決算 

青森県信用組合(堀内元博理事長)は12日、青森市で総代会を開き、2019年度決算を承認した。店舗など固定資産の減損処理を行った影響で、当期純損益は前期の6600万円の黒字から、64億5千万円の赤字に転落。赤字決算は2001年以来、19年ぶり.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら