田植え体験/南部町立福地小

田植えを体験する児童
田植えを体験する児童
南部町立福地小(松橋隆夫校長)の5年生13人が5日、同校近くの水田で田植えに挑戦し、秋の実りを願いながら作業に励んだ。 同校の恒例行事で、秋には稲刈りと脱穀も体験。収穫したもち米は、保護者や地域住民を交えて餅つきに使うほか、町内のイベントで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録