時評(6月10日)

憲法改正に必要な手続きを定めた国民投票法改正案は、今国会での採決が見送られる見通しだ。 国の最高法規である憲法の改正への賛否を呼び掛ける運動の規則を決める法改正を巡って、与野党間に隔たりがある以上、当然の扱いだろう。 商業施設への共通投票所.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら