御所野愛護少年団結成20周年 活動継続へ意識新たに/一戸南小

真新しい帽子をかぶり、御所野遺跡の清掃活動に励む児童
真新しい帽子をかぶり、御所野遺跡の清掃活動に励む児童
一戸町立一戸南小(飯岡竜太郎校長)の児童でつくる「御所野愛護少年団」の結成20周年記念品贈呈式が5日、同校で開かれた。記念品として町教委から児童に青い帽子100個が贈られ、御所野遺跡の世界遺産登録に向けて活動に一層励むことを誓った。 愛護少.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら