被告、起訴内容大筋認める 八戸・河原木ひき逃げ初公判

八戸市河原木の市道で3月、男性が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(救護義務)の罪で起訴された、同市尻内町下平添、土木作業員高田淳被告(43)の初公判が8日、青森地裁八戸支部(小川惠輔裁判官)で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら