コロナで事業中止 留保予算8千万円/八戸市議会一般質問

八戸市議会は8日、一般質問に入り、6議員が登壇した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた事業中止に伴って留保された予算について、小林眞市長は一般財源ベースで約8千万円だと説明。この財源を、一層の感染症対策や将来の財政需要に備えるなどして有.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら