風間浦小児童が田植え体験「収穫が楽しみ」と笑顔

田植えを体験する児童ら
田植えを体験する児童ら
風間浦村立風間浦小(小松章彦校長)の5、6年生計16人が4日、同村蛇浦根戸内の学校田で田植えを体験し、収穫を楽しみにしながらもち米の苗を植えた。 学校田は4アールの広さで、大昔に海底が隆起して形成された海成段丘にある。同村の木下重利さんが管.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら