五戸町に細字画を寄贈

若宮佳一町長(右)に作品を手渡す小笠原義高さん
若宮佳一町長(右)に作品を手渡す小笠原義高さん
五戸町倉石又重の農業小笠原義高(号・渓雲)さん(73)が、数ミリサイズの1456個の小さな字を書き並べ、「心」という一文字の細字画を制作した。完成に約2カ月を要した力作で、小笠原さんは「心を一つにして新型コロナウイルスの感染防止に努めてほし.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら