Freeむつ市が子育て支援アプリ運用開始 予防接種管理便利に/成長記録、共有機能も

「むつ市子育て支援アプリ」の画面
「むつ市子育て支援アプリ」の画面

むつ市は2日、「子育て支援アプリ」の運用を開始した。スマートフォンやタブレット端末対応で、妊婦や子どもの健康データ、予防接種のスケジュールなどを管理できる。子どもの成長を記録して家族と共有したり、市の子育て支援情報を確認したりすることも可能で、子育て環境の向上が期待できる。
 アプリは紙の母子手帳との併用を目的に、情報通信業のエムティーアイ(東京)が開発した母子手帳アプリ「母子モ」を活用。アプリストアから母子モをダウンロードし、プロフィル登録で市内の住所を入力することで、無料で利用できる。
 主な機能としては、妊娠中の体重や赤ちゃんの身長、体重を入力すると、自動でグラフ化し、成長記録や健診結果を確認できる。さまざま受ける必要がある予防接種は、出産日や接種状況を基に次の最適な接種日をお知らせ。受け忘れがないよう、接種日が近づくと通知もしてくれる。子どもの成長を写真とメッセージで残し、家族と共有できるという。
 市もアプリを活用し、出産や育児に関するアドバイスや情報提供を行い、安心して妊娠、出産、子育てができるようサポートする。宮下宗一郎市長は「家族でより楽しみながら子育てに取り組んでほしい」と話している。