高校野球・夏の青森大会で代替大会/県内の球児「“夏”あって良かった」

二塁付近で声を掛け合い、大会に向けて気合いを込める六戸ナイン
二塁付近で声を掛け合い、大会に向けて気合いを込める六戸ナイン
球児の“夏”が来る―。青森県高野連が全国高校野球選手権青森大会に代わる独自大会の開催を決めた5日、県内の野球部員には安堵(あんど)と喜びが広がった。コロナ禍で休校が長期化し、満足に練習できない日々が続いた中でも、夏を信じて自主トレなどに励ん.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら