南部裂織愛好家の力作ずらり180点/八戸、8日まで

さまざまな色合いの作品をPRする高屋敷秀子代表(左から2人目)ら
さまざまな色合いの作品をPRする高屋敷秀子代表(左から2人目)ら
八戸市の南部裂織愛好家でつくる団体「綾」(高屋敷秀子代表)の作品展が5日、同市城下4丁目のリフォームパレスドルフィンで始まった。8日まで。 会員9人が丁寧に織り込んだタペストリーやバッグ、コースターなど約180点を展示、販売。高屋敷代表は「.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら