【新型コロナ】大間町が特別職給与10~15%削減、コロナ対策に充当

大間町は3日に開かれた町議会議員全員協議会で、特別職の給与月額を削減する方針を明らかにした。7~12月の半年間、金澤満春町長は15%、菊池武利副町長と佐藤桂一教育長はそれぞれ10%削減する。 現状の報酬は、金澤町長が月額72万3千円、菊池副.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら