釣り愛好団体がアユの稚魚放流

アユの稚魚を放流する会員
アユの稚魚を放流する会員
五戸地方の釣り愛好家らでつくる「疑似餌倶楽部ラフィング」(梅田明男会長)は5月25日、五戸町川原町地区の五戸川にアユの稚魚5千匹を放流し、水辺環境の向上を願った。 同会は青森県の補助金を活用し、以前から川魚の稚魚の放流や五戸川の環境整備など.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら