Free【新型コロナ】地域経済支援で会員の飲食費助成、1人千円が上限/南部町職員互助会

新型コロナウイルス感染症による地域経済の冷え込みを受け、南部町職員互助会は会員の町内での飲食費を助成する。期間は6月15日~8月31日で、1人千円が上限。同互助会は「会員の飲食を後押し、少しでも地域経済の力になれたら」としている。
 同互助会には町職員152人が加入。5月14日に青森県の緊急事態宣言が解除されたことを受け、同町役場では職員の飲食店利用自粛を緩和。会員の「売り上げ減で苦しい飲食店を応援しよう」という声から実現した。
 同互助会庶務係を務める町建設課の根市知典さんは「大人数での利用はまだ避けるが、昼食を含めて少人数での店舗利用を促し、地域を助けたい」と話した。