「さらなる挑戦」基盤強化が急務、品種改良進む/連載・下「輝け まっしぐら」

初の特A取得で久々に存在感を示したまっしぐら。安定生産と高品質化に向けた挑戦が続く=2018年9月、十和田市
初の特A取得で久々に存在感を示したまっしぐら。安定生産と高品質化に向けた挑戦が続く=2018年9月、十和田市
食味、収量が共に優れていた2019年産のまっしぐら。近年は業務用米に特化した他県産の品種が増え、競合に備えた生産基盤の強化が急務となっている。県や関係者は、より安定生産を目指した最新技術の導入や新品種の開発など、将来の発展に向けた挑戦を続け.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら