天鐘(5月29日)

明治の文豪、夏目漱石は鼻筋が通ったハンサムで東大英文科を首席で卒業する頭脳の持ち主だった。天から二物を与えられた幸せ者と思っていたら、種痘で鼻頭(はながしら)に痘痕(あばた)が残り、人一倍劣等感に苛(さいな)まれていたという▼『吾輩は猫であ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら