漁獲アップへ期待込め アブラメ稚魚、階上沖に放流

アブラメの稚魚を放流する町職員=26日、階上町
アブラメの稚魚を放流する町職員=26日、階上町
階上町の青森県栽培漁業振興協会(木浪昭代表理事)は26日、アブラメ(アイナメ)の稚魚を本年度、初出荷した。初日の出荷分約6500匹は同町と階上漁協が購入。階上沖で放流し、資源の確保と漁獲量アップへ期待を込めた。 同町の魚として親しまれるアブ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら