天鐘(5月27日)

♪就職が決まって髪を切ってきた時 もう若くないさと君に言い訳したね―。変革を掲げて社会に挑み、夢破れた青年の虚無感。学生運動の余韻が残る中、『「いちご白書」をもう一度』は空前の大ヒットに▼時代を映した名曲だが、歌詞が意外な反応を呼ぶ。「長髪.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら