小中学校の夏季、冬季休業中に6日間程度の授業日設定へ/三沢市教委

三沢市教委は25日、臨時休校措置を講じた市内小中学校の授業の遅れを補うため、夏季、冬季の長期休業中に合わせて6日間程度の授業日を設ける方針を明らかにした。 市役所で25日開いた市教委定例会で、冨田敦教育長が報告。実施日や日数は未定だが、小中.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら