八戸市の財政調整基金、コロナ対策で残り3億4千万円/今後の財政運営の不安材料に

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた市独自の緊急経済対策により、八戸市の「財政調整基金」が大きく減少している。2019年度末に28億2千万円だった基金残高は、予算が専決処分される26日時点で3億4千万円となる見込み。市側は仮に別の緊急事態.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録