Free【新型コロナ】ビデオ会議アプリを活用、就活をサポート/ジョブカフェあおもり

ビデオ会議アプリを使用して就職希望者に仕事内容を説明する青森市役所の職員=21日、同市のジョブカフェあおもり
ビデオ会議アプリを使用して就職希望者に仕事内容を説明する青森市役所の職員=21日、同市のジョブカフェあおもり

新型コロナウイルス感染拡大の影響で企業説明会などの中止が相次ぐ中、青森県若年者就職支援センター(ジョブカフェあおもり)は、5月上旬からビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用し、就職活動をする学生や若年求職者をサポートしている。ウェブ上で企業担当者との交流会やカウンセリングを実施しており、ジョブカフェあおもりの渡邊久恵次長は「これを機会に、就職活動を前に進めてほしい」と呼び掛けている。
 「Webで開催! その仕事に就くには?」と題した交流会では企業担当者から業務内容の説明を聞いたり、気になる点を質問したりと、興味のある仕事について知ることができる。
 21日に開かれた第2回交流会には企業側として青森市役所、青森銀行、青森ケーブルテレビが参加。担当者は自宅などにいる就職希望者延べ51人とモニター越しにやりとりした。
 説明を聞いた学生は「実際に働いている人の貴重な話が聞けた」などと感想を口にし、市役所人事課の職員は取材に「想像よりもしっかりと意思疎通が取れた」と手応えを強調した。
 カウンセリングでは、最近増加傾向にあるウェブ上での企業説明会で「どこに目線を向ければいいか」などといったカメラ前での立ち振る舞い方も指導する。26日からは八戸学院大キャリア支援課と連携し、同大の学生向けに実施するという。
 ウェブカウンセリング、交流会ともに事前予約が必要。第3回交流会は28日に開催予定。詳しくはジョブカフェあおもりのホームページへ。