「第15千鳥丸」乗組員の死因、病死と判明/八戸海上保安部発表

18日夜に八戸みなと漁協所属の中型イカ釣り船「第15千鳥丸」の船内で急死したインドネシア人技能実習生の漁労作業員ワフヨノさん(23)の死因について、八戸海上保安部は23日、検視の結果、脳の疾患による病死だったと発表した。.....
この情報へのアクセスは会員に限定されています。
会員登録の上、ログインしてください。