インドネシア人実習生急死、イカ釣り船「第15千鳥丸」が八戸港帰港

調査のため第15千鳥丸の船内に入る八戸海上保安部の職員=22日、八戸港
調査のため第15千鳥丸の船内に入る八戸海上保安部の職員=22日、八戸港
18日夜に乗組員1人が航行中の船内で急死した八戸みなと漁協所属の中型イカ釣り船「第15千鳥丸」(161トン)が22日、八戸港に帰港した。八戸海上保安部が遺体を運び出し、今後、青森県内の医療機関で詳しい死因を調べる方針。 亡くなったのはインド.....
この情報へのアクセスは会員に限定されています。
会員登録の上、ログインしてください。