Free「Goboco」うす塩味 22日新発売

新発売のうす塩味(中央)など「Goboco」5種類
新発売のうす塩味(中央)など「Goboco」5種類

ゴボウの加工品を開発・販売する「空飛ぶごぼうPROJECT」(三沢市、金渕良子代表)は22日、ゴボウのおつまみ「Goboco(ゴボコ)」のうす塩味を新たに発売する。青森県の支援を受けて確立した新製法により、甘みを存分に引き出して塩分を抑えた商品が完成。口当たりが軽く、スナック菓子感覚でいつでもどこでも楽しめる。
 ゴボコは、三沢市や周辺自治体産ゴボウのささがきを味付け、乾燥処理した動物性食品、化学調味料不使用の商品。同社が2018年に開発、塩味やしょうゆ味など4種類を販売している。
 同社は昨年夏、県産食材を用いた健康志向の商品開発・販売を促進する、県の「あおもりヘルシーライフフードプロモーション推進事業」のモデル企業に選ばれ、商品の改良に着手。県側の助言を基に、減塩を目標に掲げて製法の見直しを進めた。
 新製法の採用により、既存の4種類も食感をリニューアル。金渕代表は「手軽につまめて、子どもも大人も安心して食べられる」とPRする。
 価格は各440円(税込み)。スカイプラザミサワ、八食センター内の八食サービスエイトなどで購入できる。問い合わせは空飛ぶごぼうPROJECT=電話0176(78)9107=へ。