“ほふくのマスク”役立てて/光星高保育福祉科、市老人ク連合会に寄贈

寄贈された八戸学院光星高保育福祉科教職員手作りの「“ほふく”のマスク」
寄贈された八戸学院光星高保育福祉科教職員手作りの「“ほふく”のマスク」
八戸学院光星高保育福祉科の教職員10人は18日、さらしを使って1個ずつ丁寧に手作りした布マスク138個を、八戸市老人クラブ連合会(古戸良一会長)に寄贈した。 同科の生徒は、昨年10月に市老連スポーツ大会でボランティアとして運営を補助し、翌月.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら