青森シャモロックの飼育始める/三農高

青森シャモロックのひなの体重測定を行う生徒
青森シャモロックのひなの体重測定を行う生徒
青森県立三本木農業高(遠藤剛校長)の動物科学科1年生35人が14日、県の特産地鶏「青森シャモロック」の飼育を始めた。生徒たちは戸惑いながらも、ひなを両手で持って体温や大きさを体感。青森シャモロックの特徴などを学びながら準備作業に取り組んだ。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら