農作業負担軽減 LEDに期待 八戸市農業経営振興センターが実証試験

LEDを照射している実験ほ場。イチゴ(左)には緑色、カンパニュラには赤い光を当てている=3月、八戸市農業経営振興センター
発光ダイオード(LED)の光を照射することで農業経費や農作業の負担を減らす取り組みが近年、農業関係者の注目を集めている。品目や光の波長に応じて、虫害の防除や農作物の成長を促進・抑制する効果が見込まれているためだ。八戸市農業経営振興センター(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録