Free子どもたちの動画集め「うちで踊ろう」/むつ市

ディスカバリーむつプロジェクトが制作した動画
ディスカバリーむつプロジェクトが制作した動画

新型コロナウイルス感染拡大防止で活動自粛を余儀なくされている、むつ市の吹奏楽団やダンスチームの子どもたちが“テレワーク”で出演した動画が完成した。シンガー・ソングライターの星野源さんの楽曲「うちで踊ろう」に合わせて演奏したり、踊ったりしたもので、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。
 動画は「下北ジュニアウインドオーケストラ」の児童16人と講師9人、ダンスチームの「ストリートダンスジャックボックス」と「クラウド」から総勢21人の子どもたちが出演している。
 子どもたちが練習や大会に参加できない状況が続く中、一人一人が映像を通してつながることで、仲間との絆や一体感を感じてほしいと、同市の地域おこし団体「ディスカバリーむつプロジェクト」が企画した。
 子どもたちは大型連休中に演奏するパートを練習。家族からが撮影した動画を提供してもらい編集した。
 ディスカバリーむつプロジェクトの髙屋龍一代表は「むつ市の明るい話題として、コロナウイルスに対する市民の不安を和らげるとともに、子どもたちの思い出に残ればうれしい」と話している。
 動画はディスカバリーむつプロジェクトのチャンネルや「うちで踊ろう むつ」などで検索できる。