大間、東通原発は今後の審査で確認/原子力規制委

内閣府の有識者会議が4月に公表した、日本海溝・千島海溝沿いを震源とする巨大地震に伴う津波想定を巡り、原子力規制委員会は13日の定例会合で、東北電力東通原発(東通村)と電源開発大間原発(大間町)への影響を今後の審査で確認していく方針を決めた。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら