時評(5月13日)

第2次世界大戦後、欧州統合へ一歩を踏み出したフランスのシューマン外相の宣言(1950年5月9日)から70年を迎えた。宣言は大戦で廃虚と化した欧州を再建するため、欧州連合(EU)の前身、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)の創設を呼び掛けた。目的は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録