【新型コロナ】PCR検査数大幅増へ、青森県が新装置2台導入/入院149床確保目指す

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県は11日、ウイルスを検出するPCR検査と医療提供体制を強化する方針を明らかにした。新たに全自動PCR検査装置を2台導入し、1日(8時間)当たりの検査件数を従来の26検体から96検体に大幅増加。さらに.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら