Free寺山修司記念館で鬼才しのぶ 修司忌

寺山修司顕彰文学碑の前で献花をする関係者(寺山修司記念館提供)
寺山修司顕彰文学碑の前で献花をする関係者(寺山修司記念館提供)

三沢市にゆかりの詩人で劇作家、寺山修司の命日の4日、市寺山修司記念館(佐々木英明館長)の関係者が同館近くの顕彰文学碑前で「修司忌」を行った。今年は38回忌に当たり、参加者が献花などを通して、鬼才をしのんだ。
 例年は、同館の春のフェスティバルの一環で実施され、全国各地の寺山ファンが訪れるが、今年は新型コロナウイルスの影響で同フェスティバルが中止。関係者のみで行われた。
 同日は、佐々木館長や寺山修司五月会の中里茉莉子会長ら8人が参加。寺山の作品に登場するバラやチューリップなどを献花した後、佐々木館長が寺山の詩「懐かしのわが家」を朗読した。
 また、昨年に引き続き同館が会員制交流サイト(SNS)を通した「バーチャル献花」への参加を呼びかけた。ファンはツイッター上に花の画像やイラストなどとメッセージを投稿して、寺山に思いをはせた。
 佐々木館長は「修司忌を絶やしたくなかったので、関係者だけで実施した。来られなかった方には、新型コロナウイルスが終息してから、寺山に親しみに来てほしい」と話した。