【青森・コロナ確認1カ月】日常激変、暮らしは仕事は…/八戸

新型コロナウイルスの感染が青森県内で初めて確認されてから1カ月。コロナ禍は市民生活や経済活動に大きな影響を与える(写真はコラージュ)
新型コロナウイルスの感染が青森県内で初めて確認されてから1カ月。コロナ禍は市民生活や経済活動に大きな影響を与える(写真はコラージュ)
青森県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されてから、23日で1カ月を迎えた。未知のウイルスは日常の風景を大きく変えた。離ればなれになった家族、客足が激減した飲食店、来店客の対応に追われるドラッグストア、現状に危機感を募らせる医療関係者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録