残るドラム缶431本に異常なし/原燃発表

日本原子力発電の東海第2原発(茨城県)から受け入れた低レベル放射性廃棄物にさびが見つかった問題で、日本原燃は21日、外観検査を終えていなかった200リットルドラム缶431本に異常は見つからなかったと発表した。原燃によると、さびが確認された1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録