補正書に記載不備20項目 RFS、規制委に再提出へ

原子力規制委員会は20日、使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の新規制基準適合への審査が実質的に終了したことを受け、リサイクル燃料貯蔵(RFS)が提出した補正申請書に約20項目の記載不備があったと明らかにした。この日開いた追加の審査会合で修.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録