自宅消費増加、青果需要が回復傾向 八戸市中央卸売市場3月概況

八戸市中央卸売市場が18日までにまとめた3月の市況概要によると、青果部門の取扱数量は8184トン(前年同月比1・1%減)、取扱金額は17億2505万円(1・7%増)だった。新型コロナウイルスの影響で外食や給食向けが落ち込んだ一方、自宅消費の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録