東北町に地元出身者がマスク1万枚寄贈

蛯名鉱治町長(右から2人目)に目録を手渡す高田国見社長(同3人目)ら
蛯名鉱治町長(右から2人目)に目録を手渡す高田国見社長(同3人目)ら
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都の建設会社「ONE」(高田国見社長)は16日、東北町にマスク1万枚を寄贈した。高田社長が旧上北町出身で、「地元に恩返しがしたかった」としている。 同社は、都内での感染拡大を受けて社員用にマスクを注.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録