【三社大祭合同運行見送り】発祥300年祝えず「残念」 “次の夏”へ思い

合同運行を見送ることとなった八戸三社大祭。関係者は落胆しながらも、地域の安寧を願う祭り本来の形に思いをはせている(写真はコラージュ)
合同運行を見送ることとなった八戸三社大祭。関係者は落胆しながらも、地域の安寧を願う祭り本来の形に思いをはせている(写真はコラージュ)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、神社行列や山車の合同運行を見送ることとなった青森県南地方最大の夏祭り八戸三社大祭。今年は発祥300年目に当たり、盛大に節目を祝う記念の祭りとなるはずだった。ただ、これまでの長い歴史を振り返ると、伝染病や飢.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録