野田小児童、サケの稚魚を放流/「帰ってきてね」と元気に声掛け

稚魚を放流する野田小の児童
稚魚を放流する野田小の児童
野田村立野田小(吉田久美子校長)の2年生29人が15日、村内の安家川下流で、サケの稚魚を放流した。児童たちは「帰ってきてね」と元気に声を掛け、稚魚の成長を願った。 同小では、6年生でサケについて学習し、村内産のサケを献立にした給食会も開催し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録