天鐘(4月15日)

太平洋戦争の末期、母を疎開させようと混雑する上野駅に行くと、列車は遅れに遅れ、いつ発車するか分からない。にもかかわらず人々は整然と列をつくって待っていた―▼作家、高見順の『敗戦日記』。混乱で憔悴(しょうすい)し切っているのに秩序を守り、粛々.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録