八戸シーガルビューホテル“最後の日”/スタッフが利用客をお見送り

フロント前で最後の客(手前)を見送る八戸シーガルビューホテルのスタッフ=14日、八戸市鮫町
フロント前で最後の客(手前)を見送る八戸シーガルビューホテルのスタッフ=14日、八戸市鮫町
八戸市鮫町の「八戸シーガルビューホテル花と月の渚(なぎさ)」が14日、最後の運営を終えて閉館した。新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け、市民に惜しまれながら約16年間にわたる営業に幕を下ろした。“最後の日”はレストランやラウンジ、大浴場.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録