階上岳山開き みぞれでもはつらつ山頂へ

春の階上岳を楽しむ登山客
春の階上岳を楽しむ登山客
なだらかな山の形が牛の寝そべる姿に見えることから「臥牛山(がぎゅうざん)」とも呼ばれる階上岳(標高739・6メートル)が10日、山開きした。時折みぞれが降るなどあいにくの天気だったが、訪れた登山客は意気揚々と山頂を目指して歩を進めた。 この.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録